【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:2020/9/11

ダイエットを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「ダイエットしよう!」
    ↓
「ダイエット成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、父も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、ダイエットに成功し、
それが自分に自信をもたらし、父が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

ダイエットに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「ダイエット成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

1ヶ月に10キロ痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初にダイエットを始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはぼくもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのダイエットは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたぼく…
父と楽しく話をしているぼく…
好きな父と腕を組んで歩いているぼく…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!