【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。




【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2021/1/12

おはようございます

最近、シェイプアップをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
シェイプアップの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

ボクの周りにも、
「炭水化物抜きシェイプアップ」をしている仲間がいますが…
ボクは、炭水化物を全く抜くシェイプアップというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
ご飯から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
午後間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な午後間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

シェイプアップも大事ですけど、
体質や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

――――――以上で今日の報告を終わります。
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂のレーシック口コミ&詳細情報